Captain Fin Educational Series

How to choose the fin for mid length boards?

「ミッドレングスボードのフィン選び」

  

   


フィン選びで重要なのは自身の持つサーフボードがどんな特徴なのかを踏まえたうえでどんなサーフィンをしたいかで選ぶのが基本。
サーフボードにも長さ、形状、素材などがいくつもある様にフィンにも形、大きさ、素材など様々なものがある。
そのなかで自分が思い描くスタイルにマッチしたフィンを探しだそう。そのためにはまずスタンダードなフィンを知り、
それをチョイスすることを強くオススメする。まずはフィンとフィンセッティングのスタンダード(ニュートラルポジション)を見つけ出そう。
(基本的にはセンターより前につけると回転性が増し、後ろに付けると安定性が高まる)。

 

「バランス型」
キャプテンフィンで基本となるオールラウンドなフィンはクリステンソンのトラッカー8.0やジョシュホールの7.5、ジェフ・マッカラムのグロウグラス。
いずれもクセがなくバランスが取れたベストセラーモデルだ。まずはこれらのスタンダードなモデルから試したい。

 

 

「動かしたい派」
次にボードを動かしたい方は急旋回が可能な立ち気味フィンアレックス・ノスト・クラシック(8.5または7.5)がフィットするだろう。
アレックス・ノストの様なキレのいいスタイルが実現可能だ。

 

 

「スピード派」
 よりスピードを求めるのであればジェフマッカラムの8やスタイルマスターのアンディー・ニーブラスの7.5が適している。
ハイスピードのダウンザラインからのチューブライディングやフェイスを駆け抜けるサーフィンにマッチする。

 

 

「ドライブ派」
 ドライブを求めるサーファーはタイラー・ウォーレンレイク8.0が良いだろう。オールラウンドにも使用でき、
彼の様なスムーズでシームレスなサーフィンを可能としてくれる。

 

 

このように自分のしたいサーフィンやサーフスタイルとボードの適正、それを踏まえたうえでスタンダードなフィンから徐々に自分好みのフィンを自身のレパートリーに追加していくと良いだろう。それでは適正なフィン選びを!